b.html 当医院診療の紹介


外科医の職務は初期治療からER(救命救急室)の世界で、3K(きたない、きつい、こきつかわれる)の 修練をへて、一人前にさせてもらった経験をいかして、実地診療に応用することを本分としておりま す。守備範囲は広く、多岐にわたっていますので、これからそれぞれの診療科について簡単に紹介しま す。

"胃腸科"
胃・十二指腸潰瘍、胃炎、胃がん、腸炎、大腸がん、胆嚢結石などの診断、治療を行っています。 検査は造影剤による透視、胃・大腸内視鏡、超音波診断、病理組織診断などを行って、必要とあれ ばご希望の総合病院へ紹介します。胃がんとの関連性を指摘されているヘリコバクタ−・ピロリ− 菌の除菌療法も積極的に行っており、セカンドオピニオンも求められれば、懇切丁寧に対応します。

"外科"
小さな外傷から、熱傷、簡単な骨折などの患者さんに適切な外科的処置を行っています。さらに、 重度の外傷で救命救急処置を要する場合は、迅速に2次、3次救急の病院へ送るべく的確な判断 にて時期を逸しないよう努力しています。

"リハビリテ−ション科・麻酔科"
むち打ち症、頚肩腕症候群、五十肩、腰痛、坐骨神経痛などの慢性的な痛みをともなう病気に対し て、ペインクリニック(除痛処置)や温熱機械などを使用した消炎鎮痛処置を行っています。

"肛門科"
出血、痛み、腫れ、かゆみ、膿が出るなどの肛門特有の病気を治療します。安易に痔だと思ってい ると、奥に直腸がんなどの怖い病気がひそんでいることもありますので注意が必要です。

"一般健康診断"
みなさんの健康保持、病気の早期発見のために生活習慣病の健康診断、がん検診などを行っていま す。金沢市では40歳以上の男女に毎年5月から10月まですこやか検診(基本健診、肝臓検診、 前立腺がん検診、肺がん検診、胃がん検診、大腸がん検診、乳がん・甲状腺がん検診、骨粗しょう 症検診)を実施、疑いのある人には精密検査を行っています。当院もその検診応需医療機関として 参加しています。

"入院設備"
18床のベッドを持ち、急性期の人は感染症の治療、外傷などの安静加療・経過観察を目的として 入院していただいてます。その他慢性期の疼痛、術後状態、日常動作活動能力の低下した方も治療 しています。街の中の有床診療所の存在意義も大切だと考えて、快適な療養環境を整えるよう努め ています。

"介護保険事業"
高齢化の時代、介護保険事業も大切になっており、訪問看護事業所として登録されています。ただ し、現状ではかかりつけになっている患者さんが高齢化して、通院が困難になった場合を対象とさ せてもらっています。