会長就任のご挨拶
yasuda
会長 羽柴 厚

 「カナザワ・サイバーホスピタル・プラザ」にようこそ!

 この度は市民向けの金沢市医師会ホームページにお越しいただきありがとうございます。私は平成30年6月29日に金沢市医師会長を拝命しました羽柴 厚と申します。よろしくお願いいたします。

 2025年問題(団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上というこれまでに経験したことのない超高齢化社会)を目前に『地域包括ケアシステムの構築』やそのための医療・介護の供給体制を議論する『地域医療構想』がすすめられ医療・介護をめぐる景色は大きく変わろうとしています。そのような状況下であっても、われわれ金沢市医師会は金沢市民の最も身近なところで地域医療を守り、皆様方の保健・医療・介護・福祉を守るため、金沢市をはじめとする行政の方々や各種関連団体との連携協力のもと活動を続けていきます。

 主な事業として、すこやか検診(特定健診、各種がん検診など12項目の検診を実施)、予防接種事業、学校医等の学校保健事業、健康教育事業などをさらに充実し、健康寿命の延伸、子供たちのすこやかな成長を目指していきます。今年(平成30年)4月には金沢広域急病センターが金沢駅西福祉健康センター内に開設され小児科・内科の時間外診療の充実と利便性が向上しました。またあってはならないことですが現実には各地で、地震、津波、広範囲な洪水、豪雪などの大規模災害や大事故が発生しており、こうした現実にも対応すべく時代に即した対策マニュアルの改訂が急務です。安心して暮らしていける地域医療と救急・災害対策をすすめていきます。

 このサイバーホスピタルには医療機関と皆様方の情報交換のツールとして検診情報、当番医情報、予防接種情報、健康情報、福祉情報、健康情報誌「すこやか」などすぐに役立つ多彩な情報が満載です。ぜひお気軽にアクセスしていただきご利用していただければと思います。

 これからも金沢市医師会は市民の方々の最も身近なところで良質な医療と安全・安心を提供していきます。市民の皆様方の建設的なご意見をいただき、充実した医師会活動を目指していきたいと思います。