右図は、検診でがんが見つかった人と自覚症状などにより外来でがんが見つかった人について、5年後の生存率を比較したものです。検診でがんが見つかった場合のほうが、外来で見つかった場合より5年生存率が高いことがわかります。

※がん患者の5年生存率
がんと診断されてから5年後に生存している人の割合。5年は、がんの治癒を判断する際のひとつの目安。