糖尿病の食事療法


コレステロールについて

「糖尿病教室」ではありますが、コレステロールのお話をします。
血中のコレステロールが高い、いわゆる高脂血症は糖尿病と並んで生活習慣病と呼ばれ、糖尿病の方に併発することが多い病気です。
さて、この血中コレステロールが高いとどうなるかご存知ですか?

血中コレステロールが高い状態が長く続くと、コレステロールが血管の壁にくっついて動脈硬化、心臓病になりやすいと言われます。

しかしコレステロールといってもいろんな種類があり、そのトータル値である総コレステロールよりも、俗に善玉・悪玉といわれるHDLコレステロール、LDLコレステロールの比率が大事になってきます。

また、このコレステロールの高い状態に高血圧高血糖喫煙といったリスクが加わると、さらに心血管障害になる危険性が高くなります。

しかしこのコレステロール、下げるのは結構大変だったりします。

なぜコレステロール値はなかなか下がらないのか?

人の体の中では、コレステロールは肝臓で作られ、血液に乗って細胞に運ばれます。そして細胞は扉を開いてコレステロールを摂りこみます。
この扉が何らかの理由で開かなくなると血中のコレステロールが増え、渋滞を起こします。

これが高コレステロールという状態です。(糖尿病でのインスリン抵抗性に似ていますね)

ではなぜ扉が開かなくなるのでしょう?

などが理由として上げられます。
では、どうすればこの扉は開きやすくなるでしょう?

それには・・・

やはり生活習慣病ですから、糖尿病と同じように運動療法と食事療法が大事になってきます。

糖尿病食は体にいい!

糖尿病食はバランスのとれた食事です。
糖尿病のためだけの食事のように思われますが、偏食・過食を避け肥満を防ぐ食事でもあるので、結果として高コレステロールを防ぐ効果もあるのです。

「糖尿病食」と言うとなんだか特別な病気の食事のように聞こえますが、「無駄のない体に良い食事」ということなのです。

ただ先ほども言いましたが、コレステロールの値はそう簡単には下がりません。コレステロールの数字ばかり気にして、鬱々とした気持ちになるのは体のためにも良くありません。
気を長く持ってお付き合いするのもコツです。

他にも高血圧高血糖、喫煙、偏食、過食、運動不足など、体にとっての危険因子があります。 食事と運動以外にも、これらの危険因子を少しずつでも良いので減らすように心がけるのも大事なことです。

さて最後に問題です。

Q1.豚ロースの赤身と脂身、コレステロールはどちらに多い?・・・・・・・・・・答え1

Q2.コレステロールをたくさん摂った翌日のコレステロール値は?・・・・・・・・・・答え2

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール