糖尿病教室


病院で行う糖尿病の検査

糖尿病には限りませんが、病院に行くと色々な検査をされると思います。
心電図をとったり、尿をとったり、レントゲン写真なんかもしますよね。
検査はたくさんあるのですが、その中でも特に糖尿病に関わる検査についてお話をしたいと思います。

『糖尿病かどうか』の検査

体の調子が悪い、健康診断で糖尿病の疑いがあると言われた場合に、まず糖尿病かどうかを診断する為の検査を行います。

血糖測定と75gOGTTは、日を変えて2回測定しても高い場合に糖尿病と診断できます。
HbA1cと眼底写真は、高血糖と一緒に認められると糖尿病と診断されます。
血糖とHbA1cは糖尿病と診断された後も、コントロールの指標として必要な基本的な検査ですね。

『糖尿病のタイプ』の検査

糖尿病には大きく分けて「1型」と「2型」があることを以前ちらりとお話しました。
型が違うと治療方針も違うため、型を見分ける必要があります。そのために行われるのが下記の検査です。

C-ペプチドというのは、身体の中でインスリンを作る際に生じる物質です。もし何らかの理由でインスリンが壊されてしまい、インスリンが測れなくても、このC-ペプチドがあれば「体はインスリンを作ってはいる」ということがわかります。

抗GAD抗体やICAは、膵臓でインスリンを作っているランゲルハンス島細胞の障害やその数を反映する検査です。これで膵臓がちゃんと働いているかを知ることができます。抗体が認められる場合、膵臓が障害されていると考え、「1型」となります。

これらは型を知るための検査ですから、何度も行う検査ではありません。

『合併症はあるか』の検査

糖尿病は、血糖コントロールの悪い状態が長く続くと全身に色々な合併症が生じてきます。
今現在、合併症がないか、またあったとしたらどの程度か、を見るための検査です。

尿中微量アルブミンやIV型コラーゲンは腎症のごく早期から尿に出る物質で、早期診断に使われます。

タッチテストというのは、細長い繊維(フィラメント)で足の裏を押し、それを感じることができるかどうかを調べる検査です。痛みも無く簡単なのでよく行われる検査です。
CVR-Rは、呼吸によって心拍数に変動が見られるかどうかという検査です。普通は呼吸によって心拍数は影響を受けるのですが、神経障害があると心拍数はまったく変わらなくなってしまいます。

正常の心拍数 糖尿病性神経障害の心拍数

PWV/ABIは最近出てきた検査で、上腕と足首の血圧と脈波を測ることで血管の硬さを推測します。

どの検査も状態に応じて定期的に調べたほうが良いものです。

『重症度』の検査・『コントロールの指標』

血糖コントロールが良いかどうか?を見るための検査は普段からよく行われる検査なので、聞き覚えのある検査が多いのではないでしょうか?

以前はコントロールの指標といえば「HbA1c」だったのですが、これは貧血があったりすると正しい指標になりません。そこで最近使われるようになってきたのが「グリコアルブミン(GA)」や「1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)」です。

ケトン体は尿中のものも血中のものも測りますが、尿中が簡便ですね。糖代謝がうまくいかず、脂肪代謝に移行してくるとケトン体が増え「ケトアシドーシス」という怖い状態になってしまいます。

他にも色々ありますが・・・

病気の状態によって色々な、たくさんの検査があります。
よく行われる検査をピックアップしてみましたが、他の違う検査を受けられたという人も多いと思います。
現在は検査を行う前に説明をすることが一般的になってきていますが、「あの検査は何の検査だったんだろう?」ということはあるかもしれません。
検査について知りたいことがありましたら、どんどん聞いてくださいね。

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール