糖尿病教室


今回は糖尿病の症状から始めましょう。

糖尿病の症状って?

健康診断などで「糖尿病が疑われます」と言われても、大体の人は「まさか!!」と思われるでしょう。
それは自分では体の不調を感じないからではないでしょうか。
自分で感じる不調を自覚症状といいますが、糖尿病の初期では、この自覚症状がなく、検査をして初めて「糖尿病」と言われる場合がかなりあるのです。

糖尿病であることがわからず、長い期間放っておくと次の様な自覚症状が出てきます。

しかしこれらの症状が出てきたときには、糖尿病は進んでいることが多いのです。

糖尿病では、本来なら細胞に取り込まれてエネルギーになるべき糖分が、 インスリンの不足から細胞に取り込まれず、血中に余っています(高血糖状態)
それが長く続くと、体はたくさん水分を取って、おしっこをじゃんじゃん出すことで血糖を下げようとします。
食べても食べても細胞にはエネルギーが取り込まれず、体は弱っていきます。
細胞が弱ってくれば疲れやすかったり、傷が膿み易かったり、痩せてきたりします。
これが自覚症状となって現れます。

このような症状が出るということは、糖尿病が進行して体が対応(適合)しきれなくなり、ギブアップ状態であるということなのです。
どんな病気も治療は早い方がいいですね。
糖尿病においては、自覚症状のない段階から早期発見し、早めに食事療法や運動療法を始めることが大事なのです。

糖尿病の分類

糖尿病と一口に言っても、その原因は様々です。
原因が違えば治療法も変わってくる、ということで糖尿病はいくつかに分類されています。
大きく分けると2種類になります。

1型糖尿病
以前はインスリン依存型と言われていたものです。
膵臓でインスリンがほとんど作られないために、インスリンの注射が必要となります。
2型糖尿病
以前はインスリン非依存型と言われていたものです。
インスリンは出ているのですが、その量が低下している、または効きが弱くなるために起こります。
治療は食事療法や運動療法のみでも十分有効な場合もあります。

生活習慣病(成人病)に含まれる糖尿病というのは2型の糖尿病を指しています。
日本では成人の糖尿病患者さんの約9割以上は2型糖尿病と言われています。

ヘモグロビンA1cって?

糖尿病の分類によって治療法は多少違ってきますが、血糖コントロールがうまくいっているかを知る方法は同じです。
病院ではどのような検査をしているでしょうか?
血糖測定は当然ですね。他によく聞く検査として、「ヘモグロビンA1c(HbA1c)」というものがあると思います。
これは何を調べているのでしょう?

人の血液の中には赤血球と呼ばれる細胞があります(血液の赤い色の元になっています)
この赤血球の中にヘモグロビンと呼ばれる成分があるのですが、このヘモグロビンは血液中の糖(グルコース)とくっ付いてしまう性質があります。
この糖とくっ付いたヘモグロビンを調べた結果がヘモグロビンA1cです。
大体過去1〜2ヶ月の血糖値の平均を反映しています。

HbA1c(%) 平均血糖値(mg/dl)
60
90
120
150
180
210
10 240

HbA1cの正常範囲は「4.3〜5.8%」です。
糖尿病の場合の目標値は「6.5(または7.0)%以下」です。

今月のHbA1cは何%でしたか?

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール