糖尿病教室


基本に返りまして、もう一度糖尿病とは?というお話をします。
さて糖尿病とはどういう病気でしょう?
どうして血糖が高くなるのでしょう?

血糖とインスリン

消化吸収のイメージ図体の中に入った食べ物は口や胃で分解、消化されます。
いろんな栄養素が吸収されますが、「糖分(グルコース)」は小腸で吸収され、血液の中に入ります。
こうして食後、高くなった血糖値は、数時間後には食事前の値にまで戻ります。

血糖値が食前の値まで下がるのはどうしてでしょう?

それはインスリンが働いてくれるからです。

インスリンの作用

インスリンは、グルコースを肝臓や脂肪細胞に貯蓄し、筋肉で消費するように働きます インスリンは膵臓というところで作られます。
体の中で唯一、血糖を下げる働きをする重要なホルモンです。

血糖は体にとって第一のエネルギー源ですから、体を動かすたびに筋肉で使われます。
このときにインスリンが大切な役割をします。
また、このエネルギー源が不足すると大変ですから、体の中に貯めておくようにも働きます。

普段、筋肉の細胞には血糖を取り込むための入り口はありません。
そこにインスリンがやってきて「開けゴマ!」とやると、細胞の中から入り口が現れるようになっています。

細胞にグルコースを取りこむ際のインスリンの働きのイメージ動画

ですから、インスリンがないとどんなに血糖がたくさんあってもそれは使われることがありません

ではこのインスリンが足りなかったらどうなるでしょう?
また、インスリンが「開けゴマ!」といっても、細胞がドアを開いてくれなかったら

インスリン抵抗性のある細胞では、インスリンが「開けドア」と言ってもなかなかドアが開いてくれず、グルコースは取りこまれません

その状態が「糖尿病」です。
糖尿病には、インスリンの状態によっていくつかの分類があります。

糖尿病の分類

膵臓がインスリンを作れなくなった状態(インスリンがほとんど出ない)
1型糖尿病
とりあえず膵臓はインスリンを作っている場合
(インスリンは出ているけど足りない。または効かない。つまりドアを開いてくれない)
2型糖尿病

と分けられます。
また、2型糖尿病では、

インスリンの量が足りない ⇒ インスリン分泌低下
インスリンが効かない   ⇒ インスリン抵抗性(インスリン感受性低下)

という分類もあります。
これは治療を行ううえで重要になってきます。
(他にも妊娠糖尿病やその他の糖尿病がありますが、今回は説明を省略します)

1型の場合は、インスリン治療が必須です。自分の体では作れないので外から補うわけですが、そうなってくると運動や経口薬についても2型の場合とは少し違った話になってきます。
当院の糖尿病教室では2型糖尿病に分類される方の方が多いので、ここでは主に2型糖尿病についてお話します。

治療の意味

2型糖尿病でインスリン抵抗性のある場合、インスリンの効きが悪いために血糖値が高い、という状態なるわけですが、血糖が高い状態はそれだけでより細胞のドアの開きを悪くします。(糖毒性といいます)

高血糖が細胞でのドアの開きを悪くするためどんどんグルコースは余り、ますます血糖値が高くなる、それがまたドアを開かなくする

という悪循環に陥ってしまいます。
逆に、運動して筋肉を刺激すると、ドアの開きもよくなりますし、ドアの数も増えてきます。

糖分を多く摂っていると、インスリン(膵臓と言い換えても良いです)は働きすぎの過労状態になります。
食事療法は、この働きすぎているインスリン(=膵臓)を休めてあげることになります。(同時に余分な貯蓄である脂肪を減らすことにもなります)
そして運動療法は、細胞のドアの開き具合を良くすることです。

それでもダメなら薬の力を借りて、インスリンの量を増やしたり、細胞のドアを開きやすくしたりすることになります。

糖尿病とはどういうことなのか?がわかれば、治療についても納得できませんか?

皆さん「病気といえばすぐ薬」と考えがちではないでしょうか?
糖尿病で薬を使うことは、過労状態の人に栄養剤をあげて「もっとがんばれ!」という事に似ています。
まず休ませてあげる、無理のない状態にする。
薬よりも先に食事や運動の話がでるのは、このような理由からなのです。

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール