糖尿病教室


糖尿病の治療は、まず食事と運動、ついで薬でしたね?
そして薬には経口薬(飲む薬)とインスリン(注射薬)があります。
今回はインスリン療法についてのお話です。

インスリン療法

糖尿病で血糖が高くなるのは、インスリンが働いてくれないからという話は以前にしました。
血液中の糖分を細胞に取り込むのに必要なホルモンがインスリンでしたよね?

1型糖尿病ではインスリンを作る膵臓が何らかの理由で障害されて、インスリンが作れなくなります。
2型糖尿病ではインスリンの量が足りない、またはうまく働いてくれなくなります。

この作れない、足りないインスリンを外から補充できればいいと思いませんか?

それがインスリン療法です。

1型糖尿病の場合は、インスリンは作れないのですから、どうしても外からの補充が必要になります。
つまりインスリン療法は必須です。

2型糖尿病の場合は、インスリンがどのくらい作られているかによって違います。効きが悪い場合は、インスリンをやたらに増やしても効果はありませんが、作られている量が少ないような場合は、やはり外から補充したほうが血糖コントロールが良くなります。
またインスリン療法で外から補充することで、膵臓が休息を取ることができ、インスリンを作る働きが回復する場合もあり、この様な場合はインスリンの注射が必要でなくなることもあります。

インスリンの種類

現在、治療に使われているインスリンには色々な種類があります。

以前はバイアルといって大きい瓶にインスリンが入っていて、そこから自分で注射器に取って注射するというやり方でしたが、最近よく使われているのは携帯に便利な「ペン型」のインスリン注入器です。
インスリンの入ったカートリッジを取り替えて使うタイプと、取り替える必要のない、一体型使い捨てのタイプがあります。

他にも目盛りが大きくて見やすいタイプのものもあります。

インスリンの作用からみた種類としては、

などがあります。

インスリンの効き方のグラフ

特に「超速攻型」と「持効型」は最近発売された新しいタイプのインスリンで、生理的なインスリン分泌に近い形でインスリンを投与でき、血糖コントロールも良くなるだろうと言われています。

インスリン療法の実際

一言で「インスリン療法」と言っても、どんな種類のインスリンをどのくらいの量注射すればいいのか、というのは人によって様々です。
医師はその患者さんの病状に合わせて、細かい指示を考えます。体格、年齢、一日の血糖変動の様子、生活のパターン、食事はどうかなど色々なことを考え合わせて指示します。

インスリンは細い針で「おなか・腕・足・おしり」などに注射します。針が短いので内臓を傷つけるようなことはありません。
最近の針はとても細く、ほとんど痛みはありません。血糖測定の針のほうが痛いという意見もあります。

インスリンは皮下から血液中に取り込まれて作用します。この血液に取り込まれるまでの時間には多少差があります
おなかかから取り込まれるのが一番速く、ついで腕、脚、お尻となります。ですから、今までとインスリンを注射する部位を変えると血糖値の下がり方も変わってくることがあります。

インスリンを注射する部位と吸収の速さ

インスリンを注射しているのに血糖コントロールが思ったようにいかないという場合、一度「インスリンをちゃんと注射できているか?」を確認してみてください。
インスリンがこぼれていませんか?よくあるのが、インスリンを注入後すぐに針を抜いてしまい、インスリンが漏れてしまっている、という場合です。
零れてしまったインスリンの分は作用しませんから、血糖は思ったほど下がらないということが起こります。
注入後はゆっくり10数えてから針を抜くようにしてください。針を抜く時も、ゆっくりめに抜いてくださいね。
ご家族の方に一度見てもらうのもいい方法です。

インスリンの注射については、各インスリンのメーカーからパンフレットなどが出ています。
病院に聞いていただければご用意できますが、メーカーのWebサイトにも載っていますので参考にしてください。
日本イーライリリー diabetes.co.jp
ノボ・ノルディスク club-dm.jp

正しくインスリンを注射しているのに血糖コントロールがうまくいかない時は、身体が必要としているインスリンの量が変わってきている可能性もありますので、早めに主治医に相談してください。

低血糖にはご注意を!

インスリンは、人の身体が行う血糖コントロールにより近い形での治療法です。
ですが、人の身体と違う点が一つ。
インスリンの量のコントロールです。

人の身体では、血糖値をモニターしながらインスリンの量もコントロールします。しかし、インスリン注射では、食べた食事の量などから、おおよその目安の量を注射します。
ですから、インスリンを打ったのに食事を摂らなかったり、風邪などで体調がいつもと違ったりすると低血糖発作を起こす可能性があります。

1日の生活パターンが安定していればまず問題はありませんが、万が一のことを考えて、「ブドウ糖」の携帯を忘れないようにしましょう。

インスリンは、糖尿病の強い味方です。
正しく使って元気で健康な生活を送りましょう!

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール