*糖尿病教室*


糖尿病、特に2型糖尿病では、食事療法や運動療法が基本となり、食事療法や運動療法を行っても、血糖コントロールがうまくいかないときに、薬物療法を追加して治療、というのが基本です。

今回はそのお薬についてのお話を。
お薬を飲んでないという方は、知識のひとつとして糖尿病にはどんな薬があるのか、ちょっと見てみてください。

糖尿病の薬物療法

さて、薬は体の中で何をしているのでしょう?

インスリン分泌促進薬、インスリン抵抗性改善薬、食後高血糖改善薬それぞれのサンプル写真

薬を飲む理由は大きくは「血糖をコントロールする」ですが、「高血糖状態を改善する」が目的になります。
つまり、薬といえば大体は血糖を下げる薬だと思ってください。(血糖を上げるときは糖を取ればいいですから、薬は必要ないですよね)

ではどうやって血糖を下げるのか!

大きく3つに分けることができます。

  1. インスリンの量を増やす
  2. インスリンの効きを良くする
  3. 体に吸収される糖分の量を減らす

経口糖尿病薬の作用

薬の作用と注意点などを説明します。

1.インスリン分泌促進薬(インスリンの出る量を増やす薬)
商品名としては、「アマリール」「ダオニール」「ラスチノン」「スターシス」などがそうです。
作用は膵臓に働きかけて、インスリンの分泌を促進させます。
気をつけないといけないこととしては、
  • 薬の飲み始めや量を変えたとき低血糖を起こすことがあるので注意が必要です
  • 副作用としてかゆみが現れることがあります
などが挙げられます。低血糖やかゆみが見られたら早めに病院で相談してください。
インスリン分泌促進薬写真
2.インスリン抵抗性改善薬(細胞でのインスリンの効きを良くする薬)
商品名としては「アクトス」「メルビン」(ビグアナイド系)などがそうです。
細胞に働きかけて、インスリンの仕事を手助けします。
注意点としては
  • 他の薬と一緒に飲んでいるときに、低血糖を起こす可能性があります
  • アクトスではむくみが見られることがあります
などがありますので、むくみや低血糖などが見られたら病院へ行きましょう。
インスリン抵抗性改善薬、食後高血糖改善薬写真
3.食後過血糖改善薬(糖分の吸収をコントロールする薬)
商品名としては「ベイスン」「グルコバイ」がそうです。
食べ物(糖分)の腸での消化・吸収を遅らせて急激な血糖の上昇を抑えます。食べ物の消化吸収を遅らせるので、食事より前に飲んでください。もし飲み忘れても食事の直後であれば効きますので、食直後に飲んで下さい(食べ物がお腹にあるときじゃないと意味がないですよね?)ある程度消化されてしまってからではせっかくの薬も効き目がありません。
他の薬と一緒に飲んでいると、低血糖を起こす可能性があるので注意が必要です。
低血糖時も普通の砂糖だとこの薬が分解・吸収を遅らせてしまうので「ブドウ糖」を摂って下さい(ブドウ糖はすでに分解されているようなものなので早く吸収されます)
また消化を遅らせるため、お腹がはることがあります。あまりひどいようでしたら医師に相談して下さい。

薬は過ぎれば毒とも言われます。定期的に血液を調べて、外からはわからないような副作用が出ていないか調べる必要があります。
どの薬もまったく副作用がないわけではありません。薬を飲んでいて気になることがあったら早めに医師や薬剤師、看護師など病院スタッフに言って下さい

薬は正しく飲みましょう

その人にとって、どの薬がどのくらいだと1番良く効くのか、医師もパッと見てわかるわけではありません。食事や運動、日常生活の話を聞いて検査をして、いろんな情報から判断して薬を決めています。

薬が効きすぎれば、低血糖や副作用が起きます。「適切な量なのか?」の判断には正しい情報が必要です。
ですから、食生活や運動についての情報、薬の服用状況などは、たとえ食べ過ぎや薬の飲み忘れなど、言いにくいことであっても、ちゃんと教えてください。

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール