糖尿病の食事療法


前回に引き続き、食品の選び方についてのお話です。今回は「魚、卵、豆腐の摂り方、選び方」について。

どんな栄養でしょう・・・?

魚、卵、豆腐は基本的に肉と同様の「筋肉や血をつくるもととなるタンパク質の供給源」です。
では、どこが肉類と違うかというと・・・

含有脂肪に血中コレステロールを下げる効果がある物がある

と、いうことです。
ですから、肉類だけに偏らず、バランス良く積極的に摂取しましょう。

1単位量の確認しましょう

食べるものさし「1単位」=80kcalに相当する分量を見てみましょう。
これがわかるようになると、食事の調整が楽になりますよ。

* 卵 *
重さ(g) 目安量 タンパク質(g) 脂質(g)
鶏卵・全卵 50 M1個 6.2 5.2
鶏卵・卵白 170 M5個分 3.7
鶏卵・卵黄 22 LL1個分 3.6 7.4
うずら卵 50 6個 6.3 6.6
*大豆・大豆製品*
重さ(g) 目安量 タンパク質(g) 脂質(g)
絹ごし豆腐 140 1/2丁 6.9 4.2
木綿豆腐 110 1/3丁強 7.3 4.6
おから 90 1/4カップ 4.3 3.2
うす揚げ 20 1/4枚 3.7 6.6
がんもどき 35 小1個 5.4 6.2
大豆・黒豆 乾燥20g、水煮缶詰55g 7.1 3.8
* チーズ *
重さ(g) 目安量 タンパク質(g) 脂質(g)
カッテージチーズ 80 10.6 3.6
カマンベールチーズ 25 4.8 6.2
プロセスチーズ 25 6個入り
扇形1個
5.7 6.5
パルメザンチーズ 17 7.5 5.2
クリームチーズ 23 1.9 7.6
* 魚介類 *
重さ(g) 目安量 タンパク質(g) 脂質(g)
65 頭骨内臓付
110g
13.5 2.3
40 頭骨内臓付
70g
7.9 5.6
40 小さめ1切 8.3 4.8
秋刀魚 25 1/3尾 4.5 6.1
100 大きめ1切 17.6 0.2
80 1切 15.5 1.9
80 1切 15.7 1.0
40 小さめ1切 7.8 5.1
*その他魚介類*
重さ(g) 目安量 タンパク質(g) 脂質(g)
いか 100 中1/2ぱい 18.1 1.2
あまえび 100 8.7 0.6
ゆでたこ 80 刺身8切 17.4 4.8
あさり 260 殻付410g 15.0 0.8
かき貝 130 殻付230g 8.6 1.8
しらす干し 40 16.2 1.4
たらこ 55 1腹 13.2 2.6
*練り製品・缶詰*
重さ(g) 目安量 タンパク質(g) 脂質(g)
はんぺん 85 1枚1/2 8.4 0.9
かまぼこ 85 2/3本 10.2 0.8
竹輪 65 1本1/2 7.9 1.3
さつま揚げ 60 小2枚 7.5 2.2
まぐろ水煮缶 80 14.6 2.0
さけ水煮缶 45 9.5 3.8
シーチキン 28 小缶1/2弱 5.3 6.6

わからない時は聞いて下さい!!

卵といっても黄身と白身では成分は違いましたね。他にも「魚」と一口に言ってもいろいろです。生なのか、水煮なのかでも違います。チーズだって種類によって全然違いますよね。

「食べたい食材があるけれど、どのくらい食べられるのかわからない」という時は、病院で栄養士に聞いてみてください。そういうときの為にいるんですから、どんどん利用してくださいね。

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール