糖尿病教室


前回までは急性合併症のお話でした。
今回は慢性合併症について、その中でも糖尿病の3大合併症と言われている糖尿病性網膜症について少し詳しくお話します。

ちなみに糖尿病に特有な慢性合併症は、血糖の高い状態が続くことで体の細ぉーい血管がじわりじわりと障害されて起こります。

3大合併症
  • 網膜症
  • 腎症
  • 神経障害
その他特有ではないけれど起こりやすい合併症
  • 心筋梗塞、脳梗塞(大血管障害)
  • 下肢動脈閉塞性硬化症、壊疽
  • 白内障

などがあります。(以前にお話しましたね)
では、本題に戻って網膜症のお話を・・・

網膜ってどこ・・・?

眼球図私たちが物を見るとき、その映像は光と共に角膜から水晶体→硝子体、そして硝子体を包み込んでいる薄い膜、網膜に映し出されます。

網膜症とは・・・?

目(眼球)をカメラに例えると、水晶体はレンズ、虹彩が絞り、そして網膜はフィルムに当たります。 このフィルム(網膜)はその機能を保つ為に非常に細かい血管が張り巡らされていて、十分な酸素や養分が行き渡るようになっています。

ところが・・・

高血糖や、血糖のコントロールの悪い状態が続くと網膜の血管が傷害されてしまいます。そうなると出血したり血管が詰まったりするのです。そして、網膜は酸素や養分不足となり、ひどくなると硝子体出血や網膜剥離を起こして失明に至ります。

眼底検査を知っていますか?

網膜症があるかどうか、またどのくらいの段階なのかを見る検査に眼底検査があります。
百聞は一見にしかず、ということで直接網膜の血管を写真にとって見る検査です。
写真を撮る際にフラッシュをたきますのでちょっと(結構?)眩しいですが、すぐその場で血管の状態を観察でき、検診などでも日常的に行われています。

正常眼底 正常な眼底の様子です。
白っぽく見えるのは乳頭と呼ばれる部分で、ここから血管がきれいに四方八方へ広がっています。出血などもありません。
乳頭の横の黒っぽく見える部分は黄斑部と呼ばれます。この黄斑部は視力の中心であり、網膜の障害がこの部分に近いほど視力障害が大きくなります。

ということは・・・
黄斑部から離れたところでは何が起きていても気づかない(無症状)ということです。
また網膜には痛みを感じる神経がないので、出血していても痛くない!!(つまりこれも無症状)ということも、網膜症の発見を遅らせる原因になります。

網膜症の段階・眼底写真で見てみよう!

網膜症は4つの段階に分けられます。

1.単純性網膜症
血管の壁が障害され、血液成分が染み出しやすくなります。血糖のコントロールを良い状態に保つことで治ります。3〜6ヶ月に1回程度の眼底検査が必要です。
症例:Aさん
治療歴:8年
HbA1c:7.6%(7.2〜9.0)
自覚症状:なし
所見:少し分かりにくいですが、細い血管の壁が障害されこぶ(瘤)になっています(毛細血管瘤)
単純性網膜症、毛細血管瘤
症例:Bさん
治療歴:13年
HbA1c:6.7%(6.2〜7.9)
自覚症状:なし
所見:点状出血がみられます。
単純性網膜症、点状出血
2.前増殖性網膜症
血管がつまったり、はれ上がったり、形が不規則になります。また出血を起こしやすい新生血管を作り始めます。 この段階になると完治は難しいですが、これ以上網膜症を進行させないため、レーザー光凝固術という治療が行われます(治療時期は医師と相談しましょう) 視力障害(自覚症状)がある方でも、治療することによって失明にいたる可能性が激減します。2〜4週間に1回程度の眼底検査が必要です。
症例:Cさん
治療歴:9年
HbA1c:8.4%(7.5〜9.0)
自覚症状:なし
所見:しみ状出血、軟性白斑(血管が詰まって出来たしみ)がみられます。
前増殖性網膜症、しみ状出血、軟性白斑
3.増殖性網膜症
新生血管が硝子体にまで伸び、血圧などの上昇によって出血したり(硝子体出血)網膜剥離を起こしたりします。 早い段階であればレーザー光凝固術硝子体手術などの治療が有効です。 しかし、血糖コントロール不良の場合や視力低下が長期間に渡っている例では、視力の改善がみられないこともあります。2週間に1回程度の眼底検査が必要です。
症例:Dさん
糖尿病歴:30年(現在血液透析中)
HbA1c:6.7〜7.0%
自覚症状:突然、朝起きたら右眼が見えなかった
所見:硝子体出血。
この方は硝子体手術を受けられて、現在は日常生活は問題なく過ごされています。
増殖性網膜症、硝子体出血
4.増殖停止網膜症
治療により鎮静化した状態です。 しかし、血糖コントロールが悪化すれば再発の可能性があります。 3〜6ヶ月に1回程度の眼底検査が必要です。
症例:Eさん
糖尿病歴:18年(現在血液透析中)
HbA1c:5.0%
自覚症状:ほとんどなし
所見:光凝固の痕の瘢痕と以前の増殖膜が見られます。
この方は定期的に眼科を受診されており、現在、症状は安定しています。 視力も日常生活には問題なく、眼鏡をかけてワープロなどもこなされています。
増殖停止網膜症、右
同じくEさんの左眼です。
増殖停止網膜症、左

目の奥にある非常にデリケートな血管の様子、わかっていただけたでしょうか?

網膜症は5年目から

網膜症は糖尿病発症から5年くらいで増加し始め、10年で50%の人が網膜症を合併しているという統計が出ています。 しかし前でもお話したように、自覚症状があった時にはすでに取り返しがつかなくなった増殖網膜症の段階であることが多いのです。

また高血圧も網膜血管の動脈硬化を起こし、出血などの原因になります。

眼底検査の勧め

血糖・血圧コントロールはもちろんのこと、定期的な眼底検査は網膜症を起こさない、または起きてしまっても進行させないために必要です。
できれば定期的な眼科検診をお勧めします。 (眼科では、一時的に瞳を収縮させなくする薬を点眼し、上記で紹介した写真では見えにくいような部分も検査してもらえます)

最後に

検査で網膜症が見つかったからといって、急激な血糖コントロール(例えば食事のカロリーを大幅に減らしたり、運動量、薬の量を倍に増やすなど)はかえって網膜症を悪化させます。

主治医と相談して、HbA1cで1ヶ月に0.5%下がる程度の緩やかな血糖コントロールを心がけてください。

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール