糖尿病の食事療法


今回は副菜についてです。

副菜となる食品とは・・・?

主にビタミン・ミネラルを多く含む食品で、加えて食物繊維(線維性食品)の供給源になります。

食物繊維は、

と大変便利屋さんなのです。
そして、せっかく歯の掃除をしてくれるんですから生野菜は食事の最後に摂るようにすると効果的です。

具体的には・・・?

野菜・海草・きのこ・こんにゃくなどがそうです。

もっと具体的に言うと・・・

緑黄色野菜
あさつき・アスパラ・オクラ・カブの葉・からしな・小松菜・サラダ菜・さやいんげん(えんどう)・ しそ・春菊・ししとう・せり・大根菜・ちんげん菜・トマト・ニラ・人参・パセリ・野沢菜・ピーマン・ 三つ葉・ほうれん草・ブロッコリー・わけぎ
淡色野菜
ホワイトアスパラガス・かぶ・カリフラワー・キャベツ・胡瓜・ごぼう・生姜・ずいき・セロリ・ぜんまい・ 大根(切干)・たけのこ・玉葱・なす・ねぎ・白菜・ふき・茗荷・もやし・レタス・蓮根・わらび
海草・きのこ・こんにゃく
寒天・ところてん・ひじき・昆布・もずく・ワカメ・えのき・しめじ・まいたけ・きくらげ・なめこ・しいたけ・こんにゃく

などが副菜になります。

どのくらい食べればいいの?

量の目標としては、1日300g以上、その中でも100g以上は緑黄色野菜で摂るようにしましょう。
だいたい生野菜で両手にいっぱい。野菜炒めで両手にいっぱい弱。お浸しにして片手にいっぱい程度です。
そんなに多くないでしょう?
これくらいだったら十分とれるんじゃないでしょうか。

特定の種類に偏ったりしないで、いろんな種類のものをあれこれ組み合わせて毎日の食事に彩りを加えましょう。

次回は果物についての話を予定しています。

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール