糖尿病教室


第1回目ですので、まず糖尿病とは何ぞや?というお話から。

糖尿病とは?

糖尿病はおしっこが甘くなるという症状が最初に注目されました。
だから「糖尿病」と言われています。
しかし、どうしておしっこが甘くなるのか?を調べていくと、 血液の中に糖がたくさんあるからということがわかりました。
ではどうして血液中の糖が多くなるのか、ということを調べてインスリンというものの存在がわかりました。

現在、本などに載っている糖尿病の定義は
「インスリン作用の不足による、慢性の高血糖状態を主とする病気」
となっています。

さて、インスリンとは何でしょう?インスリンの作用不足とはどういうことでしょう?

インスリンとは、「膵臓」という胃のすぐ下にある臓器から分泌されるホルモンです。
血液中の糖を細胞に取り込んでエネルギーとする作用があります。
インスリンの作用不足としては

があります。
この供給低下、感受性低下のために高血糖状態が起こり、ひいては糖尿病になるのです。

血糖値とは?

血液の中に含まれる糖(ブドウ糖、グルコース)の量を言います。
血糖はおなかが空いているときは低く、食事をすると高くなります。

正常な血糖値
空腹時
110mg/dl未満
75g糖負荷試験2時間後
140mg/dl未満

「mg/dl」なんて言われてもピンと来ないですよね。
110mg/dlというのは水分100ml中に0.11gの糖が含まれているということです。

例えば!

無糖と書かれている缶コーヒーで100ml中に約1g
イオン飲料(スポーツ飲料)などで100ml中に約3.6gの糖が含まれています。
比較すると100ml中に0.11gの糖がいかに少ないかわかります。
舐めてみても、甘いかどうかわからないくらいです(試してみませんか?)

健康な人では、食事をしてもわずかしか血糖はあがりません。
人間の体は精密機械のように、とても細かくコントロールされているのです。
すごいですね。

ちなみに、糖尿病の方の血糖の目標値は・・・

空腹時
120mg/dl未満
食後2時間
170mg/dl未満

自分の血糖値はどのくらいですか?

薬局一口メモ
ベイスン錠、グルコバイ錠について

このお薬は、ご飯やパンなどの食べ物と混ざり合って効くお薬です。
必ず食事の直前にお飲みください。
もし直前に飲めなかった場合は、食事中でも構いませんので飲んでください。

糖尿病教室 indexへ

Top pageへ

血糖値が気になる方へ

2008-11-01公開


もりやま越野病院
病院へのメッセージメール